土地売却完了まで

土地を売り出し、購入を希望する人が現れたら売却する条件を交渉していきます。価格をはじめ、細かい条件なども交渉していかなければいけません。自分の中で譲ることができないという部分があった時にはトラブルに発展させないためにもこの時に明確に購入希望者に伝えておくようにしましょう。そして、条件が明確になったら次のステップに移ります。

購入する人土地を売却する際には売買契約を結びますが、その前に購入する人に物件情報を開示しなければいけません。この時、伝え忘れる事項があったりなどするとそれが後々トラブルの種になってしまうこともあります。そのため、この時に細かい事項を含め物件の詳しい情報を開示して、購入希望者に納得してもらったうえで買い手と売買契約を結んでいくことが大切です。

買い手との売買契約を結ぶことができたら、売却する土地を買い手側に引き渡します。引き渡した後は、税務の申告など必要な手続きもあるので忘れずに行いましょう。以上が土地売却をするための流れになります。これから土地売却をする予定の方は、大体このような流れで土地の売却が進められていくということを頭に入れておけば、いざ行動を起こすときにも安心して順序良く進めることができるでしょう。


コメントは受け付けていません。